歯科診療所

患者さんにとってのマイナンバーカードのメリットを総合的に周知し、
マイナンバーカードの持参を促進。 マイナンバーカードによる資格確認で資格変更結果後もスムーズな事務作業が実現

江俣ささはら歯科クリニック 山形県山形市

江俣ささはら歯科クリニックは、「地域のかかりつけ歯科医」を目指しており、近隣からあらゆる世代の患者さんが通院しています。Web予約や診察券アプリの活用の導入といったスマート化施策も積極的に行っており、家族全員がスムーズに受診しやすい環境作りを心がけています。

オンライン資格確認を導入した理由

オンライン資格確認を導入しようと思った理由は?

オンライン資格確認が始まることは、仲間の歯科医から教えてもらったのがきっかけです。導入すればレセプト返戻が減り、受付業務がスムーズになり、スタッフの負担軽減にもつながるだろうと思い、そして、補助金もいただけるということだったので、早めに導入しておくことにしました。

江俣ささはら歯科クリニック院長の笹原将則さん。

システム導入時に苦労したことはありましたか?

特にトラブルなく導入できました。当院のシステムをすべてお願いしているベンダーに依頼しましたが、導入作業のノウハウが貯まっていたおかげもあり、作業は非常にスムーズで、1時間半ほどで導入作業が終了しました。作業が終わった時点から問題なく使えています。

顔認証付きカードリーダーや資格確認端末の設置場所について、考慮した点はありますか?

従来の患者動線上に設置するようにしました。顔認証付きカードリーダーは受付に設置する想定で、最もコンパクトなものを選びました。資格確認端末も、受付にスペースを確保できましたので、スタッフ側の動線も以前と同じです。

オンライン資格確認導入後の日常

オンライン資格確認をどのように利用していますか?

受付ではマイナンバーカードをお持ちなのかを確認し、お持ちでなければ健康保険証を提示いただいており、患者さんが提示したもので毎回資格確認を行っています。

患者さんへのマイナンバーカード利用はどのように周知されましたか?

マイナンバーカードをお持ちかどうか、来院時に受付で患者さんにお伺いしています。マイナンバーカードを持っていても、常に携帯していない方もいらっしゃいますので、そのような方には「健康保険証としても使えますので、次回に持ってきてくださいね」とお伝えして、リーフレットをお渡ししています。

まだマイナンバーカードをお持ちでない患者さんもいらっしゃいますが、そういった方々にもお持ちいただくために「健康保険証として使える」以外のメリットとしてマイナポータルで利用できるサービスも併せてご案内しています。例えば、マイナンバーカードがあれば医療費控除の確定申告がスムーズになるとか、マイナポイントの付与(2022年6月より)がある、といったことを追加で伝えています。

オンライン資格確認導入後の変化

オンライン資格確認の導入後、業務はどう変わりましたか?

マイナンバーカードで資格確認が行えるようになったことで、特に職場が変わったときなど、資格変更が生じたときの業務が削減されました。例えば、以前であれば、顔なじみの患者さんでも資格が変更された場合、健康保険証をお持ちでないと診療費の全額を一時的でも負担いただき、後日、健康保険証をお持ちいただいてから返金を行っていました。オンライン資格確認を導入したことで、マイナンバーカードをご利用いただけた際は、その時点の資格情報を取得できるため、患者さんに一時的な負担もなくすことができ、受付職員にとっても事務作業の手間を減らすことができました。

オンライン資格確認による効果

オンライン資格確認を一定期間運用して、メリットを強く感じているのはどのような点でしょうか?

マイナンバーカードを利用いただけると初診であれば受付での入力作業が不要になるといった想定していたメリットを享受できています。だからこそ、マイナンバーカードを利用していただけるように患者さんに健康保険証の利用だけでなく総合的なメリットも伝えることで習慣化に向けて当院も積極的に周知しています。高齢の患者さんを含め、比較的すんなりと受け入れられているように感じており、少しずつ持参してくれる患者さんも増えてきています。
また、当院はオンライン資格確認を導入する前から受付業務周辺のデジタル化を積極的に取り組んでおり、オンライン資格確認を導入し、今後、よりマイナンバーカードを利用する患者さんが増えるとさらに事務作業が効率化できると思っています。
運用していて困った場合も、オンライン資格確認のポータルサイトを見るとサポート情報も掲載されていますので、わからないことはすぐに調べられますし、電話で問い合わせることもできるので安心ですね。

私は、山形県歯科医師会の広報担当常任委員を務めているのですが、オンライン資格確認の導入にあたって、歯科医のさまざまな声が耳に入ってきていましたし、しばらく周囲の様子を見てから導入するという歯科医も多くいました。個人的には、他の歯科の先生方と情報を共有できたことで、導入前後の様子がイメージしやすかったです。積極的な情報交換によって、不安や疑問を解消できるかもしれません。

導入コストや運用コストを加味しても、オンライン資格確認を導入する価値がありましたか?

価値はあったと思います。今後、新たな機能追加含め、スマート化はどんどん進むでしょうし、オンライン資格確認も後から慌てて導入するよりも、今から使い慣れていたほうが楽ですね。

今後、オンライン資格確認に期待することは?

当院は訪問歯科診療も行っているため、往診時に患者さんのご自宅でも当該システムが使えるようになると助かります。在宅で介護を受けているような患者さんは、多くの薬を服用している場合もありますので、薬剤情報を確認できるツールがあると便利ですね。
また、治療の情報などもわかるようになるとありがたいです。持病があっても話してくださらない患者さんもいらっしゃいますし、確認漏れによるトラブルがあってはならないので、診療に必要なデータができるだけ得られる仕組みがあると助かりますね。

江俣ささはら歯科クリニック

〒990-0861 山形県山形市江俣1-10-10

TEL:023-681-8888

その他の導⼊事例

  • CASE.01

    電子カルテシステムの開発も手がける
    地域密着型の歯科医院

    矢嶋歯科医院 東京都杉並区

    1989年開業の矢嶋歯科医院は、新高円寺駅近くにある地域密着型の歯科医院です。長年にわたって通い続けている高齢の患者さんが多く、定期的なメンテナンスなどを通して、近隣住民の歯の健康を支えています。

    もっと詳しく

  • CASE.02

    正確な薬剤情報を事前に得られるメリットを生かしたい。
    オンライン資格確認でさらなる地域貢献を目指す「かかりつけ歯科医」

    佐藤たもつ歯科医院 岩手県盛岡市

    地元で開業して30年あまり。佐藤たもつ歯科医院は、開業当初から地域の「かかりつけ歯科医」を目指してきました。今では家族ぐるみで受診する患者さんも多く、近隣の方々に頼られる歯科医院です。

    もっと詳しく

  • CASE.03

    レセプト返戻ゼロを達成し、医院経営の効率化を実現。
    健康保険証のなりすまし利用を防ぎ、受付業務の負担軽減を実感

    幕張西歯科医院 千葉県千葉市美浜区

    幕張西歯科医院は、東京都心部へのアクセスも至便な千葉県の幕張エリアの住宅街に位置します。歴史のある大型団地が隣接していることもあり、患者さんは古くから通う常連が中心。歯の悩みを気軽に相談できる街のクリニックとして、地域のみなさんに慕われています。

    もっと詳しく

  • CASE.04

    患者さんにとってのマイナンバーカードのメリットを総合的に周知し、マイナンバーカードの持参を促進。マイナンバーカードによる資格確認で資格変更結果後もスムーズな事務作業が実現

    江俣ささはら歯科クリニック 山形県山形市

    江俣ささはら歯科クリニックは、「地域のかかりつけ歯科医」を目指しており、近隣からあらゆる世代の患者さんが通院しています。Web予約や診察券アプリの活用の導入といったスマート化施策も積極的に行っており、家族全員がスムーズに受診しやすい環境作りを心がけています。

    もっと詳しく

医療機関等ポータルサイトからお申し込み